宿の看板
洋風民宿ひとつぶの葡萄 〒409-1302
山梨県 甲州市 勝沼町菱山836-3
TEL ・FAX:0553-44-3727
チェックイン 15:00~18:00
チェックアウト ~10:00

Fruitフルーツ王国山梨

  • ぶどう

    ぶどう

    生産量と品種の多さから、“ぶどう王国”と呼ばれる甲州市。収穫期には、市内の観光農園でぶどう狩りが楽しめます。有名なデラウエアから、開発されたばかりの新種や、ほかの地域では栽培されていない珍種まで、時季ごとにさまざまなぶどうに出会えるのが、産地ならではの楽しみです。

  • もも

    もも

    日本一の桃の産地としても名高い山梨。収穫量の約6分の1を、甲州市が占めています。春に桃の花が一斉に咲く様子は桃源郷に例えられ、多くの花見客が訪れます。白桃をはじめ、黄桃やネクタリンなど、収穫時期や味わいはさまざま。市内の農園では、その場でもいで食べられる桃狩りが楽しめます。

  • さくらんぼ

    さくらんぼ

    有名どころは山形ですが、生産量全国3位を誇る山梨。5月下旬~6月下旬にかけて、佐藤錦や高砂、ナポレオンといった品種が実をつけます。さくらんぼ農家が多い下萩原地区では、さくらんぼ狩りが人気。口に入れた瞬間に広がるフレッシュで濃厚な果汁が魅力です。

  • すもも

    すもも

    ぶどうや桃の陰に隠れていますが、実は、日本一のすももの産地でもあるのです。収穫期は直販所に安価で並び、すもも狩りも気軽に楽しめます。近年は品種改良が進み、『太陽』や『貴陽』といった品種は、高級フルーツ店にも並ぶ人気ぶり。高級品種が手軽に味わえるのも、産地ならではの醍醐味です。

  • いちご

    いちご

    近年、塩山地区を中心に、いちごのハウス栽培が行われるようになりました。甘くて歯ごたえのある大粒のいちごは、いちご狩りでも人気です。車いすやベビーカーもOKのバリアフリーハウスが増え、幅広い年代が体験できます。甘酸っぱく濃厚な旬の味を、お腹いっぱい堪能してください。

  • ころ柿

    ころ柿

    渋柿を軒先に吊るして作る干し柿は、古くから甲州市で盛んに作られてきました。コロコロと転がして位置を変えながら丁寧に乾かしたことから、『枯露柿』の名で親しまれてきました。軒先を鮮やかに彩る枯露柿は、晩秋から初冬にかけての甲州の風物詩です。

Tourism周辺観光施設

  • ハーブ庭園旅日記

    ハーブ庭園旅日記

    1万坪の広大な敷地に、約200種類ものハーブが咲き誇る大庭園。ハーブのほか、春はチューリップやバラ、夏はひまわり、秋はコスモス、冬は胡蝶蘭など、一年中たくさんの花が迎えてくれます。また、ハーブの石けん作りやキャンドル作りが楽しめる体験コーナーも。

  • 甲斐國一宮浅間神社

    甲斐國一宮浅間神社

    甲斐国一の宮で、神山の麓に鎮座したのが始まり。865年に現在地に移され、県内では最も古い神社の一つです。人型にくり抜かれた石像「祓門」や、十二支をかたどった石像が並びます。本殿横には樹齢200年を超える御神木の夫婦梅があり、この実をいただくと子宝を得ると伝えられています。

  • 恵林寺

    恵林寺

    武田信玄の菩提寺で、1330(元徳2)年に開山した古刹です。樹木の茂る境内は広く、豪壮な本堂や重要文化財である赤門のほか、宝物館などもあります。本堂裏手にある池泉回遊式庭園も有名で、上段は枯山水、下段は心字池と、築山の2段構えの美しさを見せてくれます。

  • 大善寺

    大善寺

    718(養老2)年に行基が創建したと伝わる古刹。鎌倉時代建立の檜皮葺きの薬師堂は、国宝となっています。本尊の薬師如来が、行基の夢枕に立ってぶどう栽培をすすめたという伝説が残る、勝沼にふさわしい名刹です。葡萄から醸造までを住職が手掛けた、自家製ワインが販売されています。

ぐるり甲州市